Javascript ES6 —新しい組み込みメソッドの調査

reasonCode #codeForAReason

Javascriptの新しいES6標準でリリースされた新機能には、多くの新しい組み込みメソッドがあります。これらの新しいメソッドは、開発者が数値、文字列、オブジェクト、配列などのJSデータ型を操作するときに遭遇するいくつかの使い慣れたシナリオを簡素化し、標準化することを目的としています。

ES6の目標の1つは、JSでのコーディングをより簡潔かつ簡潔にすることでした。これらの新しい方法がどのように目標に向かっていくのか見てみましょう。

以下の各コードスニペットに表示されます。

// ES6 —これは機能の新しいES6実装です
// ES5 —これは、新しいES6実装のES5同等物(ある場合)

この投稿が気に入ったら、JS ES6プロキシに関する最後の投稿をご覧ください

オブジェクトプロパティの割り当て

オブジェクトを操作するとき、多くの場合、2つ以上のオブジェクトを組み合わせる必要があります。新しいObject.assign()関数は、まさにそれを行うためのクリーンなメソッドを提供します。

オブジェクトのマージ

Object.assignマージ

行2〜4の3つのオブジェクトから始めて、目的のオブジェクトに結合します。 ES5では、ループして、独立して値を宛先オブジェクトに追加する必要がありました。 ES6では、1行のコード(行15)でこれを行うことができます。

尋ねるのと同じプロパティを持つオブジェクトをマージするとどうなりますか?どれどれ。

同じプロパティでマージ

Object.assign()を使用してオブジェクトを複製することもできます。

オブジェクトクローン

Object.assign clone

配列要素の検索

通常、配列を操作する場合、要素または配列内の要素のインデックスを検索する必要があります。 ES6は、これを行うために2つの新しいArrayメソッドfind()およびfindIndex()を提供します。 find()は、指定されたテスト機能を満たす配列内の最初の要素を返すことに注意することが重要です。これらの新しいES6関数とそれに相当するES5を見てみましょう(findIndex()に相当するES5はありません)。

7行目と12行目は同じことを達成します。12行目のES6実装の単純さを確認できます。13行目(findIndex)に相当するES5はありません。 14行目は、テストを満たすために最初の要素を返すfindIndex()関数を示しています。

文字列の繰り返し

ES6は、単純な新しいString.repeat()メソッドを追加しました。

文字列の繰り返し

文字列検索

ES6では、ストリング内のテキストのセグメントを検索するときに開発者を支援する3つの新しいメソッドが追加されました。 startsWith()、endsWith()、includes()。 indexOf()についての何かが非効率的でエラーが発生しやすいといつも思っていたので、これが大好きです。

文字列検索

番号タイプの確認

非数と有限数をチェックするためのいくつかの新しい関数があります。 Number.isNaN()およびNumber.isFinite()

数値型チェック

ここで注意すべき点がいくつかあります。

  • 新しいES6 Number.isNaN()とグローバルisNaN()の違いは、こことここでかなりうまくレイアウトされています。
  • 無限は実際には無限ではなく、無限を表す数値です。実際の値は1.797693134862315E + 308です。 -Infinity、-1.797693134862315E + 308でも同じです。

ナンバーサインの決定

ES6では、符号付きゼロ(-0)と非数値の特殊なケースを含む数値の符号を決定する新しい関数Math.sign()を導入しています。

番号記号の決定

ES6の新しい組み込みメソッドについては以上です。あなたの考えや質問をお知らせください。ツイッターでフォローしてください。それを守ってください。

この記事が気に入ったら、他の人がそれを見つけられるように、お勧めして共有してください!