空飛ぶ車はあなたが考えるより現実に近い

整理すべき小さなバグがいくつかあります

クレジット:Michael H / Getty Images

未来—私たちの現在—は私たちが約束したものではありません。

人間は火星に行ったことがなく(Wired、1997)、食べ物は陳腐化せず(Ray Kurzweil、2005)、ロボットは国全体の人口を独立して豊かにすることができませんでした(Time Magazine、1966)。人間の足は巨大なつま先に変形しておらず(Dr. Richard Lucas、1911)、歯の移植は一般的ではなく(Mechanix Illustrated、1947)、誰も「掃除や園芸の雑用をする生きた類人猿」を持っていません(RAND Corporation、1967)。

空飛ぶ車もありません(Popular Science、1924; The Saturday Evening Post、1942; Back to the Future、1985;など)。 1世紀の間、先見の明のある人、未来派、SF作家は、郊外の通勤者のガレージに空中のセダンが駐車していると予測していました。しかし、21世紀の20年近く、その夢は実現していません。ビデオチャット、ロボットハウスクリーナー、ワールドシリーズで優勝したカブスなど、「未来」の多くのマーカーが現実のものになったからです。

時間が経つにつれて、人々は「私の空飛ぶ車はどこですか?」と、将来の最もエキサイティングな予測を満たせない現実への失望の速記として尋ね始めました。確かに、ポケットに小さなスーパーコンピューターがあり、ジョークを伝えることができるカウンタートップスピーカーがありますが、私たちの車はまだ四輪駆動です。

それはすぐに変わるかもしれません。本当に。過去10年間に、かつて「空飛ぶ車」と呼ばれていたものに対する革新が急増しています。現在は垂直離着陸機(VTOLS)、電動VTOLS(eVTOLS)、または航空タクシーです。それらは、粗末な新興企業とレガシー航空宇宙企業によって構築されています。彼らはシリコンバレー、ピッツバーグ、スロベニア、中国から出てきています。そして、空を走ることができる乗り物への投資がなければ、テクノロジーの億万長者のポートフォリオは完成しません。

最も野心的な予測が正確である場合、誰かが次の5年以内にその下のトラフィックで立ち往生している吸盤をどこかで笑うでしょう。しかし、最も野心的な予測はめったに正確ではありません。おそらく、空飛ぶ車が一般的なものに近くなるまでには数十年かかるでしょう。そして、彼らがそうであるとき、彼らは私たちがいつも想像していたものではありません。

「普通の人は通常、ジェットソンのような世界について考えています」とカーネギーメロンのロボティクス研究所の研究教授であるサンジフシンは言いました。 「彼らの私道から離陸し、それから別の場所に連れて行くもの。あなたは、非常に複雑な人口密集地域の存在下で動作する車両について話しています。」

シン氏によると、まず、遠隔地に貨物を配送したり、アクセスできない災害地帯に物資を輸送したりする自動運転車が登場します。 「ハリケーンや地震のために道路が破壊された場所」と彼は言いました。 「送電線が停止し、道路が壊れているため、そこに物資を入手できません。あらゆる種類の緊急操作。」

空飛ぶ車が都市部に到着すると、ヘリコプターや人間サイズのドローンのように見えます。ヘリポートから垂直に離陸し、別のヘリパッドに着陸します。初期にはパイロットが登場し、最終的にはより信頼性が高く収益性の高い自律飛行システムに置き換えられます。コンピューターの401(k)に資金を供給する必要はありません。そして、彼らはあなたのガレージに保管されません。

デロイトの航空宇宙および防衛のリーダーであるロビン・ラインバーガーは、次のように述べています。 「彼らはあなたの旅の最初と最後のマイルにあなたを連れて行きません。」

自律型の「地上車両」では、何か悪いことが起こった場合、乗り越えることができます。航空車両にとって、これは重要な問題です。」翻訳:空から脱落するかもしれません。

道路を走行し、空を飛び、ガレージに駐車する空飛ぶ車のタイプは、超富裕層にのみ実用的です。高価になるからではなく、維持する、保管する、着陸する能力が必要だからです。郊外の車道以上のものが必要です。 「私がかなり裕福になり、これらの1つを所有したい場合、私の旅の1つのエンドポイントが牧場にならなかったと言うことはできません」とラインバーガーは言いました。 「しかし、それは大衆のためではありません。」

事実上誰も空中でこれらの1つを見たことがないので、これはすべて理論的に聞こえますが、そうではありません。スロバキアのAeroMobilは現在、AeroMobil 4.0の注文を受け付けており、配達は2020年に予定されています。Uberは、エアタクシーサービスが2023年に開始されると述べています。 2020年の東京オリンピックのトーチに火を灯すために。

空飛ぶサイエンスフィクションではないかもしれませんが、私たちが最も近く、ほとんどここにいます。

先に進む前に、いくつかの用語を定義しましょう。ポピュラーサイエンスが1924年に「未来の自動車旅行」について書いたとき、理論車両(わずか20年で利用可能になると約束されています!)を「空飛ぶ自動車」と呼んでいました。街を走り抜け、道路が開いているときに翼を広げて空中に飛び出すことができます。

1917年、米国の航空業界の主要企業であるグレンカーティスは、最初のカーティスオートプレーンを建設しました。それは、翼とプロペラが取り付けられたフォードモデルTのように見えた四輪車でした。 Autoplaneが運転している間、それは決して飛行しませんでした。

その後の数十年で、野心的なビジネスマンは、カーティスの設計を改善するためのいくつかの試みを行いました。 1940年代半ば、航空機会社Convairは実際に飛行した2台の空飛ぶ車を展開しました。車は屋根にボルトで固定されたシボレーのように見えました。このデザインの美学は、セスナスカイマスターとフォードピントの文字通りのマッシュアップであるAVEミザールによって1970年代まで持続しました。

空飛ぶ車の最初のイテレーションが離陸に失敗したため、一部の発明者は、飛ぶことができる車から、運転できる飛行機に向かった。 1950年代初頭に開発されたブライアンオートプレーンは、取り外し可能な翼ではなく折り畳み可能な翼を持ち、その着陸装置は車のモードではタイヤとして機能しました。飛行車の大半は現在、車よりも飛行に重点を置いており、ヘリコプターのようなVTOLが最も支配的なデザインとして浮上しています。

それで、これらの車両を何と呼びますか? VTOL(「vee-toll」と発音される)の意味を誰も一般に知らず、空飛ぶ車のさまざまなデザインが異なるラベルを示唆しています。エアバスは、Vahanaプロジェクトの製品を「個人用空中車両」と呼んでいます。トヨタが支援するCartivatorのSkyDriveは、乗客用ドローンです。 GoogleのCEOラリーペイジの会社であるキティホークのザフライヤーは、水から離陸し、より飛ぶボートになります。リリウムジェットは空飛ぶ卵のように見えます。マサチューセッツ州を拠点とするTerrafugiaからの移行とスロバキアからのAeroMobil 4.0は、正当な理由で「空飛ぶ車」という用語を採用しています。

「これは超大国のスーパーカーのようなものです」と、AeroMobilの企業開発担当副社長、ジョナサンキャリアは述べています。同社の空飛ぶ車の最新版は、数十年前のマッシュアップに似ています。キャリアは、デザインの選択は最初に成功するものに対する会社の賭けに等しいと述べた。

「私たちはVTOLを積極的に開発しています。しかし、私たちは収益性の高い製品を市場に投入するための足掛かりアプローチを信じています」とキャリアは言いました。 AeroMobil 4.0は既存の滑走路に依存し、人々が慣れ親しんだ飛行形態を提供するため、水平方向に離陸するため、消費者はより早く適応するものと考えています。

UberはVTOLに賭けています。 2017年、ライドシェアリング会社はUber Airを発表しました。これは、わずか4年で開始される予定の航空タクシーサービスです。同社は、2023年までに、「郊外、都市、そして最終的には都市内の共有されたマルチモーダル航空輸送を可能にする」と述べています。ダラス、ロサンゼルス、およびまだ名前のない国際市場が発売に選ばれました。 。同社は、Uber Airの未来を想像する滑らかなビデオを制作しました。これは、会社が「バーティポート」と呼ぶものでVTOLをキャッチすることで、女性が職場から通勤していることを示しています。そして彼女は夕食の時間にちょうど家にいます。

Uberが構想している世界では、毎日の通勤は住宅購入者にとってもはや考慮の対象ではありません。都市と郊外が再考されました。通勤者が住みやすい都市周辺の合理的な半径は拡大し、カリフォルニア州のパロアルトとモントレー間の通勤には90分ではなく15分かかるようになります。マイル輸送」とラインバーガーは語った。

Uberのビデオに登場する女性がVTOLに入ると、ノートブックを取り出します。彼女は生産的で、笑っています。 「郊外および都市部の生活の質は向上するでしょう」とラインバーガーは、私たちの空飛ぶ車の未来について語りました。彼らは運転していないので、人々は「生産性と余暇に行くことができる」より多くの時間を持つでしょう。

しかし、これが現実になる前に、いくつかの技術革新が必要です。これらの車両を飛ばすための技術は既に存在しますが、顧客や規制当局の懸念を和らげるだけでなく、業界に火をつけるのに十分な手頃な価格を実現する技術です。

最も重要で、おそらく最大の課題は自律性です、とヘリコプターメーカーのベルのイノベーション担当副社長、スコット・ドレナンは言いました。 CES 2019で、同社はNexusエアタクシーを発表しました。ネクサスエアタクシーは、6つのタイルローターを使用して地面から垂直に推進します。 Nexusは、パイロット1人を含む5人乗りですが、自律飛行用に設計されています。

最初の飛行機がcrash落した後、どのように恐ろしい人々が自律型航空機を使うか想像してみてください。または、裏庭で6人を運んでいるドローンにどれほど疑いがあるのか​​。

2017年、ベルはUberと提携しました。Uberは、他の誰かにUber Air用の車両を構築してもらいたいと考えています。サービスを手頃な価格にするために、彼らの航空タクシーは自律的に飛行しなければならないとドレンナンは言い、パイロットに支払う費用を取り除いた。航空安全誌によると、理論的には、自律飛行タクシーは、人間が操縦するものよりも安全であり、非営利の飛行機事故の90%で役割を果たすヒューマンエラーの可能性を排除します。

カーネギーメロンのロボット研究教授であるシンは、キャリアの最初の数年間を自動運転車に、または「屋外に十分な大きさのモバイルロボット」と呼んでいました。パロアルトの通りをナビゲートするよりもストリップ鉱山。しかし、シンが1980年代に自動運転車の使用を開始して以来の進歩は、自動個人用航空機のモデルを提供します。

自動運転車は、かつては純粋に理論的なものでしたが、その後、現実のものとなり、公道で何千時間も運転し始めました。彼らはまだ目新しさを失っていません-アリゾナ州チャンドラーのナイフを振り回す住民による攻撃はそれを明確にします-しかし多くは今ではかつて不条理と考えられていたものを見ることができます:自動運転車はすぐに通りを埋めます。

自動運転車と自動運転航空機の類似点は完全ではありません。道路を走行するには、飛行には必要ない精度が必要です。空のライン内に留まる必要はありません。しかし、Singhが指摘したように、自律的な地上車両では、「何か悪いことが起こった場合、乗り越えることができます。航空車両にとって、これは重要な問題です。」翻訳:空から脱落するかもしれません。

自律飛行システムに加えて、将来の空飛ぶ車には、空中でそれらを保持し、そこに保管できるバッテリーが必要になります。 Uberのエネルギー貯蔵システムのエンジニアリングディレクターであるCelina Mikolajczak氏は、昨年の国際電池会議で、「その電池は「存在しません」と語った。テスラから密猟されたミコライザックは、電気自動車用バッテリーのテストと精製に何年も費やしました。

Mikolajczakがテスラであまり心配しなかったことの1つは、バッテリーの重量でした。しかし、空中で、それは重要です。 eVTOLSに適したバッテリーを構築するための鍵は、バッテリーのエネルギー密度を高めることです。ある推定によると、ジェット燃料はバッテリーよりもポンドあたり14倍のエネルギーを生成します。しかし、そのギャップは狭まっています。現在の技術革新により、バッテリーの密度は年間約5%向上しています。保守的に、それは郊外からダウンタ​​ウンまで通勤者を運ぶために必要なバッテリーが世紀半ばまでにここに来ることを意味します。

これらの技術的ハードルが現れるのは難しいのですが、人間のハードルはさらに厄介かもしれません。空を飛ぶタクシーがどのように空を飛ぶことができるかについて、大きな疑問が残っています。どのような航空管制システムが開発されますか? FAAは自治への移行をどのくらい早く許可しますか?各航空会社は、充電ステーションやバーティポートを含む独自のインフラストラクチャを構築しますか?人々は実際にそれらを「バーティポート」と呼びますか?

それからノイズがあります。 「これは物理学の問題です」とシンは言った。 「使用するモードは関係ありません。これらの車両が提供する利便性を人々が望んでいる場合、彼らは上層階の窓を過ぎて通勤する通勤者の迷惑を受け入れなければならないだろうと彼は言った。

その受け入れは簡単に来ないかもしれません。長年路上にあり、何百万マイルものテストマイルを積み上げてきた自動運転車は、依然として多くの人々から懐疑的と見なされており、ドローンは疑わしい隣人によって空から撃たれています。最初の飛行機がcrash落した後、どのように恐ろしい人々が自律型航空機を使うか想像してみてください。または、裏庭で6人を運んでいるドローンにどれほど疑いがあるのか​​。

「これらの乗り物を飛ばすとき、私たちは偉大な隣人になりたい」とドレンナンは言った。それは彼の会社であるベルヘリコプターにとってだけでなく、業界全体にとっても重要なことです。人々は何十年も空飛ぶ車を予想していたかもしれませんが、技術が到着したときに彼らに乗り込む準備はできていますか?

シン氏は、このプロセスは視認性の向上によって助けられると述べました。 「我々は人々がテストするのを見始め、人々が良いプロセスを確立するのを見始める」と彼は言った。 「これが私たちが進むべき道です。」空飛ぶ車を100年以上待った後、「急いで何もしようとしません。」