EOSIOバージョン1.1.0リリース:EOSIOでよりスケーラブルなインフラストラクチャ開発の基盤を築く

本日、EOSIOの次のインクリメンタルバージョンV1.1.0をリリースします。 Githubの詳細なリリースノートとEOSIO開発者ポータルのドキュメントをご覧ください。

コミュニティがプラットフォーム上でアプリケーションを構築する方法について多くのフィードバックを収集し、EOSIOでの開発者エクスペリエンスの継続的な改善にこれまで以上に専念しています。このリリースは、開発者向けのソフトウェアの使いやすさをターゲットにしており、よりスケーラブルなアプリケーション開発の基盤を構築し、EOSIOブロックチェーン上に構築するインフラストラクチャチームをサポートします。

リリースノートとドキュメントに加えて、Block.one開発者リレーションチームは、C ++開発チームとパブリックコミュニケーションと連携して、各リリースの機能と利点の要約を簡単に要約し、そのリリースへの影響を提供します。プラットフォームの目標。今月のリリースで完成した機能と、将来のバージョンで最終的に導入されるいくつかの「プレビュー機能」の両方について、以下をお読みください。

1.1.0で完成した機能:

MongoDBプラグイン(#4304)

EOSIOノード用のMongoDBプラグインは、読み取り専用MongoDBでブロックチェーンデータをアーカイブするための簡略化された方法を提供するオプションのプラグインであり、インフラストラクチャ開発者にとってより馴染みのある方法でそのデータのよりスケーラブルで便利なクエリを可能にします。 MongoDBに直接保存されるデータにより、ネットワークノードに負荷をかけることなくデータを照会できます。

読み取りモード:HEAD(#4373)

読み取りモード用にEOSIOノードのインスタンスを構成する:HEADは、すべてのRPCエンドポイントがチェーンの最新(ヘッド)ブロックの時点でデータを返すことを意味します。これにより、ピアツーピアネットワーク上で中継されている可能性のある未確認のトランザクションからの変更が除外されます。このモードは、少なくとも1人のプロデューサーによってブロックチェーンに適用されたトランザクションが最終的に到達していない可能性があるかどうかを判断するのに役立ちます。

より高速な同期(#4649)— nodeosの生活の質の改善

Faster Syncingは、以前のEOSIO開発で発見された2つの問題点に対処します。チェーンが同期していない場合のデータ検証コストとノードとの同期時のパフォーマンス低下です。バージョン1.1.0では、EOSIOノードデーモンは、意味のある検証を提供するには同期がずれすぎている場合、トランザクションのリレーを試行しなくなりました。その結果、非同期データを検証する際のパフォーマンスが大幅に向上し、コストが削減されます。

データベースサイズガード(#4666)— nodeosの生活の質の改善

データベースサイズガードは、単一の構成を変更してネットワークへの長時間のリプレイと再同期を回避することにより、使い果たしたデータベースを簡単に回復する方法を提供します。 EOSIOを駆動する2つのメモリ内データベース、状態DBおよび可逆ブロックDBは、ノードスの実行中のインスタンスが差し迫った過剰を検出し、ダーティデータベースを引き起こし、必要な恐ろしいBAD_ALLOC例外をヒットする前にプロセスを正常にシャットダウンできるようにする使用ガードによって保護されるようになりました修正する長いリプレイ。

1.1.0の機能リリースのプレビュー:

以下は「プレビュー機能」としてリリースされたもので、アルファ品質と見なされます。本番環境向けではありませんが、これらの機能はEOSIOブロックチェーンソフトウェアの今後の方向性を示しています。コミュニティメンバーを招待して、それぞれのリリースに向けてこれらの機能をテストし、フィードバックを提供したいと考えています。 GitHubで各問題を詳細にチェックして、これらの機能がどのように進歩しているか、および分散アプリケーション開発に対する潜在的な影響を理解してください。

  • keosdでのハードウェアウォレットのサポート
  • OSXセキュアエンクレーブ(#4244)
  • YubiHSM 2(#4526)
  • ログインプラグイン(#4375)

接続を維持する

EOSIO開発者ポータルのメーリングリストに登録することで、今後のアップデートにご期待ください。最もスケーラブルなブロックチェーン開発の基盤を築き続けているため、EOSIO開発者向けのソフトウェアの使いやすさを継続的に改善できることに興奮しています。

免責事項を読む